Latest News

アパート投資バブル崩壊か、不良債権化懸念 金融庁が監視強化



 国交省が公表した8月の建築着工統計調査によれば、貸家の新築件数が4.9%と3カ月連続での減少となった。この背景には地方銀行を中心としたアパートローンの急速な縮小があると考えられている。

from Pocket http://bit.ly/2y2G0m3
via IFTTT

電脳デジタルガジェット通信 Designed by Templateism.com Copyright © 2014

テーマ画像の作成者: Bim さん. Powered by Blogger.