Latest News

実用的で持ち運びもできるおしゃれなノートパソコンならAcer Aspire M5 M5-481T-H54Q(Core i5-3317U/メモリ 4G/SSD 128GB/DVDSマルチ/14/W7HP64)

そういえば、100円パソコンと銘打って一世を風靡したネットブックも記憶に新しいですね。

  • 持ち運びできる大きさ・重さ
  • 気軽に手に入る低価格

コンセプトとしては望まれたコンセプトだと思います。

ただ、やっぱり時代が少し早かったんでしょうか。

実際使ってみると

  • 実用には画面が狭すぎる
  • 実用には動作スピードが遅すぎる

結局良かったのは重さだけ、って感じでした。

僕が購入したネットブックも、今は埃を被っている状態です。

あ、でも車のECUセッティングには重宝しましたよ。

あの小ささが調度良かったんです。

やっぱり実用には13インチくらいないとね


そしてみんな気づいてしまったんです。

画面は10インチじゃ狭すぎるって。

15インチじゃ大きすぎるって。

10インチだと確かに小さく、軽くできるんだけど、使えなければ意味が無いし、当時主流だった15インチは解像度が1280x800と小さな画面を拡大しただけで重量があっただけ。

そこで新規格ウルトラブックというわけですね。

ウルトラブックとは?


  • プロセッサは第2世代以降の Core i シリーズプロセッサ(Sandy Bridge、Ivy Bridge、及びHaswell)のCULVタイプを搭載。
  • 厚みは14型以上の場合は21mm以下、14型未満の場合は18mm以下
  • バッテリー駆動時間は5時間以上。8時間以上が奨励
  • 入出力には Wi-Fi 機能のみが必須。アイビー・ブリッジ世代以降は、これに加えてUSB 3.0への対応も必須
  • ラピッド・スタート・テクノロジー等の搭載による、ハイバネーション状態からの7秒以内の復帰の実現
  • スマート・コネクト・テクノロジーの搭載(アイビー・ブリッジ世代以降搭載モデル)

上記要件を満たしたものをウルトラブックと呼ぶそうです。

ネットブックが実用的に進化したものと捉えればOKかと。

ウルトラブックが4万円台!


http://www.e-trend.co.jp/pcaux/8/1773/product_680732.html

このAcerのAspire M5 M5-481T-H54Qなら

  • 画面は14インチと広々!
  • SSD搭載で動作がサクサク!ストレスフリー!
  • 14インチにも関わらず本体厚みは20.7mmと激薄!
  • 重さも2kg!
  • DVDドライブも付いてるから出先でDVD再生もOK
どうしてもDVDドライブが欲しいという人にはこの一択でしょう。

ハードディスクを搭載しておらず、SSDというところも一押しポイント。

一度SSDの快適さを味わったらもうハードディスクには戻れません。

Acerの14インチウルトラブックはリンク先のイートレンドで台数限定の42,800円です。売り切れる前の今のうちに!

今日のお買い得情報でした。

電脳デジタルガジェット通信 Designed by Templateism.com Copyright © 2014

テーマ画像の作成者: Bim さん. Powered by Blogger.